原因を知れば応急処置も可能!?初心者にもわかりやすくトイレつまりを解説

トイレは水トラブルが発生しやすい場所ですが、特につまりは多く報告されています。
水が流れなくなった場合は、修理の依頼も考えたいところですが、まずは落ち着いてその原因を確認してみましょう。
紙を多く流し過ぎたなどの場合は、意外と簡単に改善できることもあります。
応急処置にはラバーカップなども役立ちますので、もしもに備えて用意しておくことをおすすめします。
異物を落とすこともつまる原因になるので、携帯電話などを落とさないよう注意しましょう。

原因を知れば応急処置も可能!?初心者にもわかりやすくトイレつまりを解説

トイレつまりが発生すると、焦ってしまいがちですが簡単に直るケースもありますので、落ち着いて行動しましょう。
トイレがつまる原因のひとつには、トイレットペーパーを流し過ぎるということがあげられます。
この場合は、時間が経てば水に溶けていきますので、しばらく放置してみることもおすすめです。
すぐにつまりを解消したい場合は、ラバーカップなどで応急処置をすることも考えてみてはいかがでしょうか。
ペンや携帯電話などの異物を落とした場合は、速やかに広いあげることも大切です。

手洗い管の水漏れもトイレつまりの原因に繋がる?

手洗い管はトイレの排水をためるタンクの上部で、タンク内に水を供給している菅です。
タンク内に水を注ぐ以外にこの水で手洗いができることから手洗い管と呼ばれています。
ここから水漏れが起こることがあり、これが原因でトイレのつまりが起こることがあります。
この理由は水が漏れるとタンク内の水の量が減少することから流量が少なくなり、汚物の流れ出なかったものが少しずつ蓄積していくからです。
水漏れがわずかだったり壁の内部で起こった場合は流量の減少は気づかないことが多く、徐々に蓄積してたまって行きます。
流量が減少しなくても原因になることもあり、それは流量の圧が弱くなる症状です。
トイレの水を流した時に、いきおいよく流れ出るのではなく、弱くと汚物は残ってしまいす。
これは水漏れの箇所から空気がもれてタンク内の圧が減少することで起こり、これも長く使用していて大きなつまりになります。
同時に発生すると大がかりな措置が必要になるので、気づいたら早めの対処が大切です。

タンクの故障による水量不足はトイレつまりを引き起こす要因

自宅のトイレを毎日使っていて、以前よりも流れる水に量が減ったような感じがするという場合、そのまま放置してしまうと水量不足によるトイレのつまりが起きてしまうので早急に解決することが必須です。
トラブルの事例としては少ない内容になりますが、まずは背面にある給水タンクの蓋を開けることが必要です。
手洗い用の菅が設置されているタイプでは、蓋を開ける際に給水用のホースを外す必要性があります。
外せた場合はそのまま持ち上げて、落下させないように別の場所に置いてから点検を行うことが流れです。
タンク内を最初に確認すべき場所は、オーバーフロー管です。
この菅は白色の樹脂製で作られていることが多く、上の部分には水位を適切にするラインがあるので、このラインに対して水位が低過ぎる場合では水量不足であることは間違いありません。
想定できる要因は浮き球の位置をあげることができ、低い位置に沈んでいるような場合は、上に少しの力を加えて持ち上げる方法で解決できる可能性はあります。
浮き球が原因ではない場合は、ボールタップに原因があるので、調節ネジで水位を上げる方法や、破損している場合は交換によってトイレのつまりを回避できます。

長年使い続けると尿石が溜まりトイレつまりが起こることもある

自宅のトイレは頻繁に掃除をしている方が多くいると思われます。
しかし、一般的な掃除だけでは不十分で、半年から1年に1回程度の頻度でクリーニングを依頼するべきです。
トイレで気をつけなければいけないポイントは、尿石が溜まってしまうことになります。
つまりの原因になってしまうことがあるので、何もしないで放置してしまえば使えなくなる可能性があるので気をつけてください。
分解すれば自分でも綺麗にすることができますが、時間がかかりますし、かなり汚れが付着しているので大変です。
業者であれば専門的なスキルと知識を持っているため、短時間で終わらせることができます。
トイレのクリーニング業者も様々なところがあるため、よく比較してクオリティの高いところを選ぶことが重要です。
費用の安さだけで決めるのではなく、安心して任せることができるのかをしっかり見極めた上で決めるべきです。
適当に決めてしまうと、後悔することになります。

生理用品や紙おむつを捨てるとトイレつまりが起こる理由とは?

生理用品や紙おむつをトイレに流してしまうと、トイレつまりが起こります。
その理由は、生理用品や紙おむつの素材にはコットンや不織布などの素材が使われていて、それらはトイレットペーパーと違い水に溶けないからです。
しかも製品に血液や水分を吸収する素材として使われている綿やパルプ、吸水性ポリマーなどが、水分を吸収して膨れ上がり、排水路を塞いでしまうからです。
排水路はいちど上に曲がっている構造をしていて、そこに水分を吸収して膨張した紙おむつなどが流れてくると、せき止められてしまいます。
そしてこれらは水に溶けません。
そのためいつまでも排水路にひっかかってとどまり続けます。
そうなると普段使用する時に流す1回分の水量では、つまった紙おむつなどは流しきれません。
焦って流そうとすると、吸水性の素材はかえって押し込まれ、圧迫されて取れなくなります。
吸水性ポリマーなどは時間が経つほど膨れ上がり、トイレつまりが強化されてしまいます。

トイレ,つまりに関する情報サイト
トイレつまりの情報サイト

トイレは水トラブルが発生しやすい場所ですが、特につまりは多く報告されています。水が流れなくなった場合は、修理の依頼も考えたいところですが、まずは落ち着いてその原因を確認してみましょう。紙を多く流し過ぎたなどの場合は、意外と簡単に改善できることもあります。応急処置にはラバーカップなども役立ちますので、もしもに備えて用意しておくことをおすすめします。異物を落とすこともつまる原因になるので、携帯電話などを落とさないよう注意しましょう。

Search